メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「とても大切な人」「死期悟っていたのでは」大林宣彦さん死去 郷里・尾道で悼む声

 映画「時をかける少女」などの「尾道3部作」で知られる映画監督、大林宣彦さんが10日、肺がんのため死去した。82歳。葬儀は家族で営む。後日お別れの会を開く。喪主は妻恭子(きょうこ)さん。

      ◇

 故郷の尾道市では逝去を惜しむ声が上がった。

 「尾道3部作」など1981年以降の尾道ロケ作品を担当した地元のプロデューサー、大谷治さん(68)は「とても大切な人を亡くした」と肩を落とした。大林監督の尾道ロケ作品は17本を数え、大谷さんは「古里への愛着の表れ」と話す。

 映画は世代を超えて共感を呼び、今も全国から多くの大林ファンがノスタルジックな風景を求めて尾道を訪れる。「映画のまち・尾道」を確立したのも大林監督だった。一方で大林監督はロケ地を示す案内板設置には一貫して抵抗。大谷さんは「看板ではなく作品を見てほしい。それが監督の願いだった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです