メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宣言後初の週末 にぎわう公園 運動不足、ストレス…「めっちゃ楽しい」 大阪・豊中

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言発令後、初の週末を迎えた11日、大阪府豊中市の服部緑地公園は晴天の下、運動や息抜きをしようと訪れた人々の姿が見られた。管理事務所によると、公園内の施設は使用中止にしているものの、開放エリアについては「ほかに行くところもなく、たくさんの人が来ているようだ」といい、来訪者の中には混雑にならないよう早めに帰路につく人もいた。

 大阪市内から家族で訪れ、小学生の弟とバドミントンをしていた中学2年の兄は「ずっと体を動かしたいと思っていたのでめっちゃ楽しい。(普段は)人が少ないところでのジョギングはいいかなとも思ったが、数が少ないマスクをしてまで走るのはもったいない、と我慢していた」と言い、「学校は休校中で、早く友達と話したり遊んだりしたい」。そばで見守っていた母親は「7人家族なので、物不足が心配」ともらす。子どもたちに危機…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです