メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内定取り消し「人生のどん底に落とされた」 一から就活再開、胸の内は…

入社直前に採用内定を取り消された男性。再び就職活動を始めたが、不安は尽きないという=東京都渋谷区で2020年4月3日午後7時47分、井川諒太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、この春から企業に入社予定だった学生が採用内定を取り消されるケースが相次いでいる。7日には政府の緊急事態宣言も発令され、経済状況の先行きは見通せない。一から就職活動をやり直す人たちの不安は募るばかりだ。【井川諒太郎】

 3月26日午後。当時、私立大4年生だった久保正太郎さん(24)=東京都内在住=のスマートフォンに無料通信アプリ「LINE(ライン)」の通知があった。「採用が停止になりました」。4月1日から働く予定だった外資系企業の日本法人だった。頭が真っ白になった。

 久保さんはすぐに採用担当者に電話した。説明を求め、翌日、都内で会うことになった。「海外の本社…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです