メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリアファイルで新型コロナ防護具 阪大と東大阪のメーカー生産で協力

3Dプリンターで、クリアファイルを使った簡易防護具のフレームを製作する甲子化学工業の南原徹也・企画開発主任=大阪府東大阪市菱江で2020年4月9日午後4時50分、戸田栄撮影

 東大阪市菱江のプラスチック部品メーカー「甲子化学工業」(南原在夏社長)が、大阪大が開発した新型コロナウイルス対策の簡易防護具の生産体制を整えた。同社の南原徹也・企画開発主任は「緊急事態の対応に、私たちも役に立てないかと新製品の開発を進めていたところだった。阪大の防護具への協力は、ゴーサインをもらえばすぐに始められる」と意欲を燃やしている。

 阪大の中島清一特任教授(消化器外科学)らのチームが3日、文房具のクリアファイルを使い、飛沫(ひまつ)から顔を守る医療関係者用の防護具を作成したと発表。医療機器開発で阪大と提携する東大阪市に生産での協力要請があり、市が地元企業に呼びかけ、同社などが応じた。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです