メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘 我が、メガネキャラ道

 どうも、銀シャリのメガネをかけている方です。

 寝るとき以外は、ずっとメガネをかけている。朝起きてまずすることは、目覚まし時計を止めるよりも何よりも、メガネをかけることだ。メガネを初めて買ってもらったのは小学校5年生くらいだったと思う。メガネは今ほどどこでも簡単に安くすぐ手に入るような代物ではなかった。できあがるまで数日かかる。そして高い。メガネを初めて作りに行った日、かなりドキドキしたのを覚えている。

 なんとなく憧れというか大人っぽいという感じでメガネに興味があるものの、かければ誰でもたちまちあだ名が「メガネザル」か「ガリ勉」になる。たまにシンプルに「メガネ!」なんてときもあった。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです