メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塩釜神社の茶屋復活 地元の名物でおもてなし /宮城

境内の茶屋を復活させた矢部亨さん=宮城県塩釜市の塩釜神社で

 塩釜市一森山の塩釜神社の境内で、閉鎖されていた茶店が復活した。名付けて「茶屋・鹽竈(しおがま)」。市内の老舗茶舗「矢部園」(同市海岸通、矢部亨社長)が、自慢の日本茶のほかに地元の各種商店と提携して和菓子などを提供、塩釜名物のおもてなしの場として喜ばれている。

 同神社は、在来種と全国から寄せられた名木など計約40種もの桜が咲く県内屈指の花見の名所。今年は新型コロナウイルス対策で芝生広場が宴会自粛となり、団体観光…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 全国で新たに1569人の感染確認 神奈川、埼玉で最多更新 死者1増1057人

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです