メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

日本ソムリエ協会鳥取支部長 谷本暢正さん(52) 「おいしい」見つけたい /島根

日本ソムリエ協会鳥取支部長の谷本暢正さん=鳥取市末広温泉町で、野原寛史撮影

 ワインなどの酒類やそれに伴うサービスなどの専門的知識を持つソムリエの資格を取得して20年以上。「まちのソムリエ」として、普段の家庭での食事からお祝いの席まで、それぞれに合う酒の魅力を伝えようと取り組んでいる。酒の好みは千差万別。だからこそ「あなたの『おいしい』を見つけたい」をモットーに、客との対話を欠かさない。

 実家の酒店で働くようになった約25年前は、大量に酒を売るディスカウントショップが伸びてきた頃。「従来の酒屋のあり方も変わる。商品を深く掘り下げ、付加価値を付けられるようにならなければ」と思い立ち、鳥取ではあまり知られていなかったソムリエの勉強をしようと県外の夜間スクールに通った。利き酒の腕を磨き、酒蔵も広く巡って交流、知識を深めた。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです