メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 経営支援求め要望書、県に提出 美容など11の同業組合 /岡山

要望書を伊原木隆太知事(左)に提出する県美容生活衛生同業組合の中嶋實人理事長=岡山市北区で、益川量平撮影

 県美容生活衛生同業組合(中嶋實人理事長)など県内の11の生活衛生同業組合が10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営が厳しい状況に追い込まれているとして支援を求める要望書を県に提出した。

 要望書では、国が検討する給付金の上乗せや相談窓口の設置、従業員用マスクなど衛生管理用品の入手が困難な状況を…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  2. コロナワクチン接種、まずは医療従事者に 高齢者らも優先度高く 政府検討

  3. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです