メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

広島県の尾道で代々医者の家に育った大林宣彦さんは…

[PR]

 広島県の尾道で代々医者の家に育った大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんは、子ども時代に家の納戸(なんど)で蒸気機関車のおもちゃをみつけた。知らない街に自分を運ぶあこがれの機関車と思って遊んでいたのは、筒のついた金属の箱だった▲やがて筒はレンズ、胴体は電球の入るランプハウス、レールはフィルムを通すゲートだと分かる。それは映写機で、大林少年は今度はフィルムに細工をし、映して遊んだ。「子ども部屋の映画作家」とは、後年、自らを評した言葉だ▲CM映像作家だった大林さんの商業映画初監督作「HOUSE」のヒットは、それまでの映画製作の常識を変えた。映画会社に属さぬ多彩な才能が以後の日本映画で花開いたのは、大林さんが挑んだ映像の冒険の成功のおかげだった▲そして故郷を舞台にしたファンタジーで、見る人の郷愁を呼び起こした尾道3部作である。「100年後の人の幸せを考えたら、尾道の姿がそのまま残っている方がいい」。3部作は実は壊されゆく故郷を守る闘いでもあったという▲4年前、がんで「余命半年」と宣告された時は「これで映画をつくる資格をもらった」と語った。「戦争で死んだ人を忘れないのが平和をつくる方法だ」。切迫する時間の中、戦争の死者との語らいから生まれた最晩年の2作である▲うち原爆を描く遺作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」がコロナ禍で公開延期されるなか、大林さんは旅立った。映写機が引く汽車が着いた天国は、きっと子どものころの尾道の光景に似ていただろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです