メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

緊急経済対策 30万円支給

現金30万円の支給の対象世帯となるケース

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策で、政府は収入が減少している世帯を対象に、1世帯当たり30万円を支給することを決めました。ただ、いつごろ、どんな人に支給されるのか、その条件は複雑です。生活困窮者にしっかりとお金が行き渡るのか。どうなるともらえるのかチェックしてみます。【和田憲二、村尾哲】

この記事は有料記事です。

残り3661文字(全文3814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです