メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

北里博士の終始一貫

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「このご時世、次はここしかありません!」。お墓博士の長江曜子・聖徳大学教授と行く墓めぐりは6回目。先生は、これだけ新型コロナウイルスに悩まされている時期だから「細菌学の祖」といわれる北里柴三郎(1853~1931)の、青山霊園(東京都港区)にある墓に行くという。ウイルスと細菌は違うものだが、「見えない恐怖」という点では変わりはない。

 明治7(1874)年にできた東京都立霊園は、六本木からもほど近い。サクラの名所でもあるが、今年は外出自粛のせいで少し寂しい。まずは敷地内をうろうろ。質素な乃木希典大将の墓や威容を誇る明治維新の元勲、大久保利通の墓を巡った。長江先生はいろいろ説明してくれるのだが、マスク越しの声は聞きづらい。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  3. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです