メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外渡辺が初の名人位奪取 豊島降し、現役最多の3冠に
奇跡の傍らで

妊婦さんの新型コロナ対策 おなかの赤ちゃんは心配なし=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

医師も感染したら体を休ませることがまず大事だ マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 7都府県に新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が発せられました。2月の当コラムではその時点までの情報を基に、新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)により感染が広がるので、手洗いの基本動作での予防が重要、と書きました。その後、さまざまな情報が分かってきました。これらを加味した妊婦の新型コロナウイルス対策についてまとめます。

 妊婦さんが最も心配するのが、新型コロナウイルスに感染した場合のおなかの赤ちゃんの安全性でしょう。最新のデータでは、感染した妊婦さんから生まれた赤ちゃんがおなかの中で新型コロナウイルスに対する抗体を作っていた形跡があるという報告がありました。その赤ちゃんは元気に生まれています。また、妊娠中の感染でも胎児に異常が出たり死産や流産が起こりやすくなったりするという報告はありません。実は、胎児はへその緒で…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです