メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

妊婦さんの新型コロナ対策 おなかの赤ちゃんは心配なし=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

医師も感染したら体を休ませることがまず大事だ マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 7都府県に新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が発せられました。2月の当コラムではその時点までの情報を基に、新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)により感染が広がるので、手洗いの基本動作での予防が重要、と書きました。その後、さまざまな情報が分かってきました。これらを加味した妊婦の新型コロナウイルス対策についてまとめます。

 妊婦さんが最も心配するのが、新型コロナウイルスに感染した場合のおなかの赤ちゃんの安全性でしょう。最新のデータでは、感染した妊婦さんから生まれた赤ちゃんがおなかの中で新型コロナウイルスに対する抗体を作っていた形跡があるという報告がありました。その赤ちゃんは元気に生まれています。また、妊娠中の感染でも胎児に異常が出たり死産や流産が起こりやすくなったりするという報告はありません。実は、胎児はへその緒で…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです