メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/13 冷静と自制のきわみ 国民的ヒステリーの中で=作家・門井慶喜

乃木希典夫妻がまつられる乃木神社。隣には二人が自刃した旧邸が残されている=東京都港区赤坂8で2020年4月6日午後3時32分、須藤唯哉撮影

 <文化の森 Bunka no mori>

 一国の国民は、ときに国民ぐるみヒステリーにおちいる。

 それは歴史のまぎれもなく示すところである。幕末の尊王攘夷(じょうい)さわぎもそう、戦後のオイルショック(第一次)もそう。ひょっとしたら現在も、それと気づかず、私たちは危険な感情過多の渦を生み出す大海の一滴になっているかもしれないのだ。

 そんなとき家にこもって読み返すべきは森鷗外だ。なぜなら鷗外こそはヒステリーから最も遠い、冷静と自制のきわみの文体のもちぬしだからである。自分の頭でものを考える文体、と言いかえてもいいだろう。

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです