メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラリンピック 開幕まで500日

ボッチャで東京パラリンピック出場を目指す杉村=吉田航太撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、オリンピックと共に開催が1年延期となった東京パラリンピックは、11日で開幕まで500日となった。選手もスタッフも来年8月24日~9月5日の新日程に向け、再スタートを切り、熱い思いをたぎらせている。

 重度の障害のある選手たちは新型コロナウイルス感染により重症化するリスクを抱えながら、練習環境を模索している。前回の2016年リオデジャネイロ・パラリンピックで銀メダルを獲得したボッチャ・チーム(脳性まひ)のメンバーの一人、杉村英孝(38)=伊豆介護センター=は「開催日程が決まり身が引き締まった。今、自分にできることを考え、勝つための準備をしたい」と力を込めた。

 ボッチャは重度の脳性まひや筋力が徐々に衰える難病の筋ジストロフィーの選手らが出場し、互いに球を投げ合い、白色の目標球に近付けられるかを競う。ルールが似ているため、「地上のカーリング」とも称される。杉村はリオ大会後、競技の普及に貢献し、今では障害の有無を問わずに愛好者が出場できる大会が各地で開かれる。

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです