メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市、コロナ支援でUber Eatsと連携 割引サービス延長、市が費用負担

ウーバーイーツのサービスを紹介する神戸市の担当職員=神戸市中央区で2020年4月10日午後2時49分、反橋希美撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている飲食店を支援しようと、神戸市は、飲食宅配代行「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と連携協定を結び、利用料金の一部を助成すると発表した。同社が13日から5月上旬まで実施する100~500円の割引サービスを市の負担で7月まで延長。在宅する時間が長くなり、食事を作る回数が増えた家庭へのサポートも狙う。

 ウーバーイーツは飲食店と客、配達員のマッチングサービス。市内では北、西、垂水の3区以外で展開されてきた。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです