メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中共諜報団」の尋問調書 研究者「特高の具体的手法分かる貴重な資料」

北九州平和資料館に保管されている特高警察の調書=北九州市若松区で2020年2月27日午後2時31分、津島史人撮影

 思想犯や反政府活動を取り締まった戦前の特別高等警察(特高)が取り調べた「中国共産党諜報(ちょうほう)団」事件の「訊問(じんもん)調書」が北九州市若松区の「北九州平和資料館」に保管されている。首謀者として逮捕された中西功(つとむ)氏(1910~73年)の取り調べ記録で、日米開戦前に中国側へ流された情報や、ゾルゲ事件で処刑された朝日新聞記者、尾崎秀実(ほつみ)(01~44年)とも情報交換していた事実が記されている。研究者は「調書全てがそろい、特高警察の具体的な手法も分かる非常に貴重な資料だ」と評価している。

 戦後、共産党参院議員となった中西氏は上海の日系教育機関「東亜同文書院」在学中に共産主義運動に関わり、逮捕時は日本の国策会社「南満州鉄道」のシンクタンク「満鉄調査部」に所属。上海を拠点に日本陸軍などに出入りし、「同文書院」出身者ら中国各地のメンバーから日本や中国大陸の軍事・経済・外交情報を集めて中国共産党に提供。同党連絡員を含めた情報連絡網が「中共諜報団」と呼ばれた。

 警視庁は、ソビエト連邦のスパイ、リヒャルト・ゾルゲ(41年に逮捕、44年処刑)の捜査過程で中西氏らの存在をつかんだとされ、中西氏らのグループは42(昭和17)年6月に一斉逮捕された。

 調書は手書き資料の謄写版で、同月から翌43年1月まで計33回にわたり聴取した内容を記載。一問一答形式で、中国共産党との関係▽連絡役に情報提供する方法▽情報内容――などを記録している。

 調書によると、中西氏は38(昭和13)年以降、中国共産党に情報提供していた事実を認めた。中西氏らのグループは41年当時「中共組織ノ中ニ深ク融合シタ」組織で、日本人責任者を中西氏とし、メンバーは日本人と中国人合わせて7、8人。北京や南京にも支部を持ち、情報は中国共産党の「対日情報組織上海本部」を経て中国共産党・政治保衛局に伝えられていた。当初は上海市内の料理店で連絡員に情報提供していたが、後に中西氏自身が調査機関責任者として連絡員を直接雇用し、連絡を容易にしたという。

 中国側に渡された情報は計200件超あり、中国大陸での日本軍の配置状況▽日本軍占領地域の経済状況▽日本政府の外交戦略▽日米交渉の内容――などが含まれた。太平洋戦争開戦2カ月前の41(昭和16)年10月の事項では「日本ハ戦略的ニ極メテ有利デ緒戦ニ於(おい)テ日本ガ敗(ま)ケル事ハナイ」との予想の一方、「併(しか)シ、問題ハ持久化シタ場合ノ日本ノ経済力デ、コノ点ガ日本ノ最大ノ弱点」との指摘も伝えた。開戦直前には「南方進撃部隊ノ編成」として「フィリッピン部隊 本間中将 四ケ師(4個師団)」といった軍事機密を伝えたことも明らかにしている。

 また尾崎との関係では32年、上海から日本へ向かう船中で初対面し、翌春に朝日新聞大阪本社で会って以降、交流するようになったと供述。「日本国内ノ物資不足」「独逸(ドイツ)トノ軍事同盟問題」など「尾崎ヨリ得タ情報ヲ中共ニ報告シタ事ハアリマス」と述ベる一方、「日本ノ在支(中国駐留)部隊ノ駐屯状況ハ判(わか)ルカ」と尋ねられた他、「(当時、国民党政府が本拠地としていた)重慶政治状況」などの情報を提供したという。

 ゾルゲ事件に詳しい社会運動研究家、渡部富哉さん(90)=東京都三鷹市=は、最初の取り調べで、中西氏と同じ拘置場所に入っていた「林得山」という人物の証人供述に着目する。調書によると、中西氏はこの人物に「中国共産党干係(関係)ノ事実迄(まで)自白シテ仕舞(しま)ツテ全ク取リ返シノツカヌ事ヲシテ残念デ仕方ガナイ」と告白。林への面会者に「自分…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文3231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです