メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府、13日に休業要請表明へ 14日発動方向で調整 休業補償はせず

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府は緊急事態宣言の発令に伴う休業要請について、13日に表明する見通しになった。14日から要請を発動する方向で最終調整している。府内の感染者数が高止まりを続けており、休業要請は避けられないと判断した。13日午後2時から開催される対策本部会議での専門家の意見も踏まえ、吉村洋文知事が正式に表明する。

 吉村知事は11日、府庁で記者団の取材に答え、感染者急増への危機感を示した上で、要請の発動時期について「13日に決まって『ただいまから』と言ってもすぐ伝わらない。14日午前0時からお願いしますとか、一定の基準を示す」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 柔道のGS東京大会開催断念へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです