連載

見上げてごらん

科学や医療、宇宙、自然を巡るあらゆる出来事を永山悦子・論説委員が読み解きます。

連載一覧

見上げてごらん

コロナ疲れへの処方箋=永山悦子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大を巡り思い悩む人たちに、「がん哲学外来」で知られる樋野興夫・順天堂大名誉教授は「悩みを問わなければ解消できる」と説く=東京都千代田区で2018年4月19日、中村琢磨撮影
新型コロナウイルスの感染拡大を巡り思い悩む人たちに、「がん哲学外来」で知られる樋野興夫・順天堂大名誉教授は「悩みを問わなければ解消できる」と説く=東京都千代田区で2018年4月19日、中村琢磨撮影

 とうとう新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が出され、ちまたには「コロナ疲れ」という言葉が飛び交う。「みんなストレスたまってる」「学校始まったと思ったらまた休校。なんか疲れちゃう」「感染爆発より国民感情が爆発しそう」。メディアもコロナ一色。社会が閉塞(へいそく)感に包まれ、息苦しささえ覚える。

 「私たちは、この事態にどう向き合えばいいのでしょう」。2008年から全国でがん患者の心の悩みに寄り添う「がん哲学外来」を開く病理学者、樋野興夫・順天堂大名誉教授に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文940文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集