連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

展覧会PR懸垂幕に広島市が難色 主観で「公序良俗害する」 美術館、抗議の「白塗り」掲出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
懸垂幕にデザインされた植本一子さんの作品(部分)=「うれしい生活 sunny life」(2018年)より
懸垂幕にデザインされた植本一子さんの作品(部分)=「うれしい生活 sunny life」(2018年)より

 広島市現代美術館(広島市南区)で昨年12月~今年2月に開催された美術展のPR用懸垂幕について、使用された少女の写真を巡り市の担当者が個人の主観で「公序良俗を害するおそれがある」と判断し、美術館側に変更を検討するよう求めていたことが分かった。美術館は抗議の意味を込め、該当の写真を白塗りにして商店街に掲出した。専門家は「自己規制がエスカレートし、『表現の自由』以前の問題」と指摘している。

 美術展は、明治以降の11作家の作品を通じて日本の家庭像の変遷を探る「アカルイ カテイ」展。会期中、同市中区の金座街商店街に掲出された懸垂幕には、出展作から2作品がデザインされた。うち1点は写真家の植本一子さんの作品で、足を上げてブランコをこぐ幼い少女が写っていた。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1190文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集