メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

「谷川健一コレクション」刊行 庶民の目、沖縄からの目

会長を務めた「宮古島の神と森を考える会」のシンポジウムで司会をする谷川健一氏(右)=沖縄県宮古島市の狩俣集落で2008年11月23日

 民俗学者、谷川健一(1921~2013年)の全集未収録の作品を集めた『谷川健一コレクション』(全6巻)が全集の版元、冨山房インターナショナルから刊行中で、このほど第2巻が出た。新聞への寄稿などコンパクトな文章中心という手軽さの一方、一文ごとに思考や主張が凝縮され、読み応えがある。

 それには明確な理由がある。かつてインタビューした時、谷川氏は柳田国男が自身の著作に付けた序文を非常に高く評価していた。執筆の動機、テーマ、分析の骨子、結論を簡潔、適切に表現しているというのである。柳田を師と仰いだ谷川氏が短文の意義と力を強く意識し、情熱を注いだことは間違いないのだ。

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです