メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

町田啓太 連続ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」出演 ドロキュン劇、現場一丸で

連続ドラマ「ギルティ」に出演する俳優の町田啓太さん=吉田航太撮影

 「スピーディーで先の読めない展開は驚きの連続。一つ一つの衝撃に思いを巡らせながら演じています」。放送中の連続ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」(読売テレビ系、木曜午後11時59分)に、新川優愛が演じるヒロイン・荻野爽の初恋相手、秋山慶一役で出演している。

 原作は累計発行部数が150万部を超える丘上あいの人気コミック「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」。女性ファッション誌の編集者、爽は夫の一真(小池徹平)と幸せに暮らしているが、高校時代に付き合っていた秋山と再会。公私ともに順調だった日常が周囲の裏切りによって崩れていく。

 かつて爽との別れを選んだ秋山について、「心の底から思っているのに愛情表現が苦手で、爽ときちんと向き合えなかった罪悪感を抱えている」と感じた。自身の高校時代を振り返ると、「相手のささいな言動が気になって仕方ないのに、『あれって、どういう意味?』とストレートに聞くことができない」という経験があった。「今だったらストレートに聞いた方がいいと思えるけど、そういう幼さゆえの視野の狭さは、秋山のピュアな気持…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです