メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三沢基地模擬弾落下 「パイロットのミス」 米太平洋空軍が調査結果公表

F16戦闘機=米空軍のホームページから

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が2019年11月、米軍施設外に模擬弾を誤って投じた問題で、米太平洋空軍は13日、機器の故障や誤作動ではなく、パイロットの人為的ミスが原因とする調査結果を公表した。

 問題の投下は19年11月6日午後6時35分ごろに発生。F16戦闘機が他の6機と訓練中、青森県六ケ所村の牧草地に模擬弾(重さ約230キロ)を1発投じた。けが人はなかった。現場は、三沢市から六ケ所村にまたがる…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです