特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

病院の本音「感染者受け入れたくない」 都の打診に難色 必要な資材不足も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染防止のため病院の入り口には面会制限を知らせる紙が張ってあった=東京都杉並区で2020年4月10日、椋田佳代撮影(画像の一部を加工しています)
新型コロナウイルスの感染防止のため病院の入り口には面会制限を知らせる紙が張ってあった=東京都杉並区で2020年4月10日、椋田佳代撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの感染者数が急増し、病院のベッド確保が課題となっている。東京都は専門医の有無にかかわらず、都内にある600以上の病院に入院患者を受け入れられるか尋ねているが、多くの病院が難色を示す。院内感染の危険があるほか、ゴーグルなど必要な資材も足りず「感染者は受け入れたくない」というのが本音だからだ。

 都内のある病院では、外来患者専用ブースを屋外に設置し、37・5度以上の熱がある人はCT検査で肺の状態を確認する。新型コロナの可能性のある患者を選別するのが狙いだ。感染の疑いがあればそのまま帰ってもらい、保健所でPCR検査(遺伝子検査)を受けるようお願いするという。

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1520文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集