特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「命に関わる」と福岡県も休業要請 「飲食業者にも生活ある 補償は…」悲痛な声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
普段ならにぎわう時間帯に閑散とする繁華街。テークアウト商品の販売を知らせる看板の前を、飲食物を宅配する自転車が通り過ぎた=福岡市中央区で2020年4月13日午後6時46分、森園道子撮影
普段ならにぎわう時間帯に閑散とする繁華街。テークアウト商品の販売を知らせる看板の前を、飲食物を宅配する自転車が通り過ぎた=福岡市中央区で2020年4月13日午後6時46分、森園道子撮影

 福岡でも1万2000店超に休業要請へ――。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて福岡県の小川洋知事が13日、緊急事態宣言に基づく休業要請を決めた。「事業者には申し訳ないが、人の命と健康に関わる。ぜひともお願いしたい」。休業期間は書き入れ時のゴールデンウイーク(GW)を直撃し、経済損失は計り知れない。事業者にとっては大打撃で「果たして店を守れるか」「補償は……」と悲痛な声が上がった。

 「福岡県内は感染増加に歯止めがかかっていない。今まで以上に感染リスクを下げなければならない」。13日午後、福岡県庁。記者会見した小川知事は事業者に理解を求める言葉を繰り返した。緊急事態宣言の発令から14日で1週間。当初は専門家の意見に従って2週間程度、感染の推移や外出自粛の効果を見守る考えだったが、ここにきて県内の感染者が急増。前倒しで休業要請に踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1026文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集