特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナショックの現場から

「いまこそミニシアター、表現の場守らねば」 ポレポレ東中野の支配人・大槻さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ポレポレ東中野」支配人、大槻貴宏さん=本人提供
「ポレポレ東中野」支配人、大槻貴宏さん=本人提供

 コロナショックは、表現の場にも確実に広がっている。社会派のドキュメンタリーを数多く上映し、「ドキュメンタリー映画の聖地」とも呼ばれるミニシアター「ポレポレ東中野」(東京都中野区)は3月下旬から観客が通常時の1割まで激減。緊急事態宣言発令後の8日から臨時休業している。支配人の大槻貴宏さん(53)は「多様な個性を持つスタッフがいるからこそいい映画を提供でき、表現の場が守られる。苦しい状況だが、雇用を守るために頭を使い、なんとか乗り切りたい」と話す。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2123文字(全文2367文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集