連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

この国はどこへ コロナ禍に思う 元鳥取県知事・片山善博さん 安倍首相の差配、ピント外れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=梅村直承撮影
=梅村直承撮影

 「ついに」なのか、「やっと」と言うべきか。新型コロナウイルス感染拡大に伴い「緊急事態宣言」が7日、発令された。「遅いですよ。都道府県が法的な手段をとれるようもっと早く出すべきだった」。鳥取県知事時代に災害対策の陣頭指揮を執った早稲田大教授の片山善博さん(68)は、いら立ちを隠さない。

 3月にさいたま市で開かれた格闘技団体「K―1」のイベント。集団感染を懸念した埼玉県知事は会場に出向いて自粛を求めたが、主催者は予定通り実施した。「知事はすごすごと帰るしかなかったが、法的な裏付けがあれば堂々と中止を求められた」と歯がゆさを語る。

 安倍晋三首相がこだわったのが、緊急事態宣言とセットで打ち出した経済対策だ。108兆円に上る規模を「史上最大」「世界的にも最大級」と誇った。

この記事は有料記事です。

残り2464文字(全文2800文字)

あわせて読みたい

注目の特集