メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

豚肩ロースのフキノトウあんかけ 旬の香り、憂きこと忘れ

豚肩ロースのふきのとうあんかけだしごはん=大阪市北区で2020年2月21日、大西達也撮影

 せっかくの春なのに、外出もままならない今日このごろ。せめて食卓くらいは春らしくいきましょう。西川ヘレンさんに教えてもらうのは、旬のフキノトウを使った「豚肩ロースのフキノトウあんかけ」です。

 「春は芽吹きものですね」とヘレンさん。山菜は天ぷらが一番、と言いますが、今回はフキノトウをあんに使います。それは後ほど。

 まずは豚肉の下ごしらえです。豚肩ロースのブロックをネギ、ショウガ、ニンニク、酒を加えてボイルします。ここでポイント。ネギはもむか、たたいて繊維をつぶしておくと香りと味がよく出ます。ニンニクはつぶします。材料を全部、鍋に入れてから火を付けて、とろ火で2時間。「水から煮ると、いいだしが出ます」

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです