特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震4年

犠牲者追悼式 守り抜く、古里の絆 亡き父に恥じないように

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
政勝さんが亡くなった場所で見つかった七福神の置物 =熊本県西原村の西原村役場で、城島勇人撮影
政勝さんが亡くなった場所で見つかった七福神の置物 =熊本県西原村の西原村役場で、城島勇人撮影

 観測史上初めて最大震度7の激震に2度襲われ、震災関連死を含む275人が犠牲になった2016年4月の熊本地震は14日、発生から4年を迎えた。熊本県庁(熊本市中央区)で開かれた県主催の犠牲者追悼式は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小しての開催となったが、遺族らは花を手向けて犠牲者の冥福を祈り、古里の復興へ歩み続けることを誓った。

 追悼式には遺族や閣僚、県選出国会議員ら約350人が参列する予定だったが、感染防止のため県内の遺族や蒲島郁夫知事ら約30人だけで開かれた。参列者はマスクを着用。座席の間隔を空け、換気のため窓を開け放つなど感染防止に気を配りながら例年の半分の約30分で営まれた。

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1520文字)

【熊本地震】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集