新型コロナ 公的宿泊2施設活用 県、軽症者らの療養先に /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 佐竹敬久知事は13日、県庁で開かれた定例記者会見で、新型コロナウイルスに感染した軽症患者らの療養先として、地方職員共済組合県宿泊所「ルポールみずほ」(秋田市山王4)と、警察共済組合県支部が運営する宿泊施設「ふきみ会館」(同市山王5)を4月中に活用できるように準備を進めていることを明かした。

 厚生労働省が2日付で各都道府県などに対…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文275文字)

あわせて読みたい

注目の特集