メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京五輪パラ1年延期 鈴木氏、危機きっかけに団結を/河合氏、多様性再認識する契機

対談する鈴木大地スポーツ庁長官(左)と河合純一・日本パラリンピック委員会委員長=東京都千代田区で2020年4月6日、内藤絵美撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック・パラリンピックの開催は1年延期された。スポーツの活動自粛が広がる中、どう心身のコンディションを整えて準備を進めるか。障害者スポーツを所管するスポーツ庁の鈴木大地長官(53)と、東京パラリンピック日本選手団団長を務める日本パラリンピック委員会(JPC)の河合純一委員長(44)が対談し、改めてスポーツが持つ力や役割の大切さを語った。【構成・芳賀竜也、写真は内藤絵美】(対談は4月6日に実施)

 ――新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京大会の開催が1年延期されました。

この記事は有料記事です。

残り2213文字(全文2490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです