メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

見つめ直す 兵庫県猪名川町・竹下福子(主婦・78歳)

 桜は咲いたのか、咲きつつあるのか。今年の春は新型コロナウイルスのせいで季節が分からなくなった。一日も早い終息を願うばかりである。

 田舎に住んでいても不安で、不要不急の外出は無論、食料品の買い出しにも行けないでいる。幸い、わが家は農家なので米や野菜はいくらかはある。そして冷蔵庫の中には保存食品。乾物、缶詰も備蓄しており、買い物に行けなくてもどうにか普通に食べていける状態ではある。

 これまで、ストレス解消や認知症予防などと理由をつけて、週に1度ほどショッピングセンターに出掛け、友人と食事をすることもあり、気楽に過ごしていた。「本日の特価品」と書いてあると、買わないといけない気になり、家にある物でも買うことがあったので、冷蔵庫の中にはいろいろな物が詰め込まれていた。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです