メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パチンコ店もシャッター 休業要請初日 静けさ増す大阪の商店街 一部は営業

新型コロナウイルス感染拡大で、休業するパチンコ店=大阪市中央区で2020年4月14日午前10時21分、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言から1週間となる14日、大阪でも府による休業要請が始まった。要請を受け入れるバーやパチンコ店などは、大型連休終了までは13日夜の営業が最後。通常なら開店前に客が並ぶパチンコ店の多くも14日はシャッターが閉まり、商店街は静けさを増した。携帯電話会社の調査では梅田の12日の人出が2割弱に落ち込むなど客足はすでに激減していただけに、経営者らの多くはあきらめの表情を見せたが、「生活がかかっている」として営業を続ける店もあった。

 大阪・ミナミで洋酒を中心に扱うバーは14日午前0時で閉店。常連客が絶え間なく訪れる10席ほどの店は7日の緊急事態宣言発令以降、1日の来客が片手で数えるほどに落ち込んでいたという。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです