特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

仙台の保育園でクラスターか 感染の英会話講師と接触 小学生4人も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
複数の保育士と園児が感染し、臨時休園中のいずみ保育園=仙台市泉区で2020年4月13日午前9時10分、滝沢一誠撮影
複数の保育士と園児が感染し、臨時休園中のいずみ保育園=仙台市泉区で2020年4月13日午前9時10分、滝沢一誠撮影

 宮城県内で新型コロナウイルスの感染が子供たちにも広がり、仙台市は12日に市内の保育園児1人と小学生4人の感染が確認されたと発表した。保育園や児童が通う英会話教室でそれぞれ4人の感染が明らかになり、クラスター(感染者集団)の発生が疑われる事態となったことを重く見た県や市は学校の休校延長を決定。村井嘉浩知事は13日、独自の非常事態宣言にも言及した。【深津誠、神内亜実、滝沢一誠】

 12日判明の新たな感染者は、保育士3人が感染した仙台市泉区の認可施設「いずみ保育園」の園児の女児▽市立向陽台小(泉区)の10歳未満の男子児童▽同小の10歳未満の女子児童▽同小の10代の女子児童2人▽市建設局道路部南道路建設課の40代男性職員――の6人。いずれも重篤ではないという。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文829文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集