メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ情報特化の滋賀県公式サイト プログラミング独学の高校生が作成

滋賀県と協働で新型コロナウイルス関連の情報に特化したウェブサイトを作成した伊藤祐聖さん=本人提供

 新型コロナウイルスの感染者が増える中、立命館守山高3年の伊藤祐聖さん(17)=滋賀県栗東市=が県と協働し、新型コロナウイルス関連の情報に特化した同県公式のウェブサイトを作成した。サイトでは県内の陽性患者数や居住地などのデータ、PCR検査の実施件数などを掲載している。県のホームページ(HP)のトップページからアクセスでき、利用者からは「見やすい」と好評だ。

 県は、東京都が開設した新型コロナウイルス関連の情報に特化したサイトの存在を知り、3月中旬に「滋賀県版」を作るため民間のエンジニアに相談。エンジニアの紹介で伊藤さんが作業を担当することになった。都はサイト作成に使用したソースコード(設計図)を編集可能な形で公開しており、伊藤さんは都のサイトを参考にしながら、自宅のパソコンで約5時間かけて完成させた。県の担当者や他のエンジニアらと細かな修正を行い、3…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです