メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ情報特化の滋賀県公式サイト プログラミング独学の高校生が作成

滋賀県と協働で新型コロナウイルス関連の情報に特化したウェブサイトを作成した伊藤祐聖さん=本人提供

 新型コロナウイルスの感染者が増える中、立命館守山高3年の伊藤祐聖さん(17)=滋賀県栗東市=が県と協働し、新型コロナウイルス関連の情報に特化した同県公式のウェブサイトを作成した。サイトでは県内の陽性患者数や居住地などのデータ、PCR検査の実施件数などを掲載している。県のホームページ(HP)のトップページからアクセスでき、利用者からは「見やすい」と好評だ。

 県は、東京都が開設した新型コロナウイルス関連の情報に特化したサイトの存在を知り、3月中旬に「滋賀県版」を作るため民間のエンジニアに相談。エンジニアの紹介で伊藤さんが作業を担当することになった。都はサイト作成に使用したソースコード(設計図)を編集可能な形で公開しており、伊藤さんは都のサイトを参考にしながら、自宅のパソコンで約5時間かけて完成させた。県の担当者や他のエンジニアらと細かな修正を行い、3…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです