満蒙開拓語り継ぐ慰霊の集い 高齢の常連参加者、外出自粛で多くが出席かなわず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
約100人が訪れた2年前の拓魂公苑での慰霊の様子=東京都多摩市連光寺で2018年4月8日、青島顕撮影
約100人が訪れた2年前の拓魂公苑での慰霊の様子=東京都多摩市連光寺で2018年4月8日、青島顕撮影

 戦前・戦中に国策の農業移民として旧満州(中国東北部)に渡った満蒙(まんもう)開拓団や満蒙開拓青少年義勇軍の犠牲者を慰霊する集いが12日に多摩市連光寺の「拓魂公苑」であった。だが、新型コロナウイルスの感染が広がり、ほとんどの人が参加できなかった。体験者や遺族が高齢化する中で、年に1度の機会が奪われた格好で、来られなかった人たちは無念の思いを募らせている。【青島顕】

 元開拓団員らで組織した「全国拓友協会」が1963年、公苑に拓魂碑を建てたのを機に、毎年4月の第2日曜に「拓魂祭」を開いてきた。2000年代に協会は解散したが、当事者らが同じ日に自然発生的に集まり、黙とうをささげてきた。近年も全国から100人前後が集まっていた。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文933文字)

あわせて読みたい

ニュース特集