ミニシアター支援のCF わずか1日で5600万円突破 目標1億円に好発進

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ミニシアター・エイド基金」に参加する劇場は、閉館の危機に直面する北海道から沖縄まで全国78の劇場(14日午後1時現在)
「ミニシアター・エイド基金」に参加する劇場は、閉館の危機に直面する北海道から沖縄まで全国78の劇場(14日午後1時現在)

 映画監督の深田晃司さんと浜口竜介さんが発起人を務める「ミニシアター・エイド基金」のクラウドファンディング(CF)が14日午後1時現在、スタートからわずか1日で5600万円を超えた。CFでは1億円を目標額に掲げており、早くも5割超を達成。5月14日まで実施し、集まった支援金は、新型コロナウイルスの感染拡大で経営に苦しむ全国78のミニシアターに均等配分される。

 CFは13日午後1時にスタートし、14日午後1時現在で4819人が寄付をしている。寄付のみの「思いっきり応援コース」と特典付きの「未来チケットコース」があり、金額は3000~500万円の17種類から選択できる。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文702文字)

あわせて読みたい

注目の特集