特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ロックダウン「やらなければピークアウト見えない」 大阪府医師会長訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える大阪府医師会の茂松茂人会長=大阪市天王寺区で2020年4月13日、菱田諭士撮影
インタビューに答える大阪府医師会の茂松茂人会長=大阪市天王寺区で2020年4月13日、菱田諭士撮影

 大阪府など7都府県に緊急事態宣言が出され、2週間目に入った。新型コロナウイルスの災禍は一般市民のみならず医療スタッフにも及び、医療崩壊の不安が高まる。大阪府医師会の茂松茂人会長(68)が毎日新聞のインタビューに応じ、現状では宣言の期限となる5月6日までの収束はないと言及。日本でも米ニューヨークなど海外で実施されているロックダウン(都市封鎖)を「ある時期にはやらなければ、絶対にピークアウトは見えない」と訴えた。

 茂松会長は、政府の緊急事態宣言のタイミングを「今の感染の広がり方をみると、3月下旬の3連休あたりで考えても良かった」とし、2週間程度遅かったと指摘。早めの対応でピークアウトの兆しが見えてきたイタリアなど欧州の現状を念頭に「人が動かないことが非常に重要。早ければそれだけ早く抑えられる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1108文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集