メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府、軽症者のホテル受け入れ開始 エリア分離の課題も 新型コロナ

新型コロナウイルスの軽症者らの受け入れに備え、感染者との動線を分ける表示が張られたホテル内の扉=大阪市西区のスーパーホテル大阪天然温泉で2020年4月13日午後5時32分、山崎一輝撮影

 新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、大阪府は14日、医療機関に入院中の軽症者らについて、受け入れに応じたホテルへの移送を始めた。この日は入院先の許可が出た患者13人を順次搬送した。病床を確保し、重症者が十分な治療を受けられない医療崩壊を防ぐ狙いがあるが、ホテルの受け入れは課題も少なくない。

 府が第1号の受け入れ先に選んだのは、大阪市西区の「スーパーホテル大阪天然温泉」で、約400室を確保した。ホテル側は施設名の公表に応じた。13日夕に現地視察した吉村洋文知事は、記者団に「風評被害や従業員の安全に関するリスクがある中、協力いただいた。医療崩壊を防ぐ大きな一歩になる」と語った。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです