メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震4年

絶望の淵から無我夢中の4年「村の絆、未来に受け継ぎたい」 熊本地震被災地で追悼

熊本地震で犠牲になった宮守陽子さんの自宅跡地で手を合わせる遺族ら=熊本県益城町で2020年4月14日午前10時40分、津村豊和撮影

 国内で初めて震度7を2度観測し、熊本、大分両県で震災関連死を含む275人が犠牲になった2016年4月の熊本地震は14日、発生から4年を迎えた。熊本県庁(熊本市中央区)で県主催の犠牲者追悼式があった他、甚大な被害が出た同県益城(ましき)町など各地で遺族や友人らが犠牲者を悼んだ。熊本では地震後、回復途上にあった観光業などが新型コロナウイルスの影響で再び打撃を受けている。

 「4年間忘れていません、ありがとう」。全住宅の約6割が全半壊し、解体跡の更地が点在している益城町。55歳で亡くなった同町馬水の宮守陽子さん方跡地では、最初の震度7を観測した前震と同じ日時の14日午後9時26分、プラスチックケースを並べた手製の祭壇に向かって遺族らが涙ながらに語りかけた。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 東京オリンピック 無観客含む3案を政府検討 「日本は中止判断」英紙が報道

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです