旅立ちの日待ち 夜明けの空を覆うマガンの大群 北海道・美唄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ラムサール条約登録湿地の宮島沼(北海道美唄市)に、北帰行を控えたマガンの大群が集まっている。夜明け前に、地鳴りのような音が聞こえると、ねぐらの沼から一斉に飛び立つ様子が見え、白みだした空を覆った。宮島沼水鳥・湿地センターによると、2020年はこれまでに最高で約6万羽が訪れており、4月下旬にかけて繁…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集