メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おいしく食べて疫病退散! 妖怪「アマビエ」モチーフのお菓子販売 秋田

アマビエをモチーフにしたかおる堂の和菓子=秋田市で2020年4月14日午後2時、下河辺果歩撮影

 秋田市の菓子メーカー「かおる堂」が、疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」をモチーフにした和菓子やサブレの販売を始めた。

 アマビエは江戸時代の瓦版に登場する半人半魚姿の妖怪で、「疫病が流行したら私の写し絵を人々に見せなさい」と伝えたとされる。

 新型コロナウイルス感染の終息を願う人たちの間で話題となっていることから、同社の和菓子職人が発案し、11日に販売を始めた。白あんを食紅で色づけし、「本物」に比べるとかわいらしい見た目…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです