メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード コメディアンの逝き方=中森明夫

プロ野球パ・リーグ開幕戦、ダイエー-オリックス戦の始球式に「変なおじさん」で登場した志村けんさん。得意の「アイーン!」も飛び出した=福岡ドームで2001年3月24日

 志村けんさんが亡くなった。いや、「さん」づけはやはり似つかわしくないな。故人ではあるし、偉大な芸能人だけれど……むしろ、名前を呼び捨てにされることにこそ、彼の栄光はあったように思う。そう、かつて日本中の子供らが、どれほど「志村、後ろ!」と叫んだことか。

 タモリは今やタモさんだし、ビートたけしはマエストロ・キタノだ。コメディアンがバラエティー番組の司会者等を経て、文化人的なポジションに成り上がる……という道を、志村けんは取らなかった。ずっとコメディアンで、ずっとバカ殿のままであり続けた。

 たけし論やタモリ論は、あまたある。しかし、志村けん論は、まったく耳にしない。人は志村けんについて考えない。考える前に笑ってしまうのだ。自分の意味を考えさせない、そこに志村けんのすごみがある。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです