新型コロナ 外出自粛で苦境の小規模店、前売りチケットで支援 盛岡の魚山さん発案 参加呼びかけ /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロジェクトへの参加を呼び掛ける魚山宏さん=盛岡市北飯岡で
プロジェクトへの参加を呼び掛ける魚山宏さん=盛岡市北飯岡で

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で苦しむ岩手、宮城両県の小規模店を、前売りチケットを購入することで支援する取り組みが始まった。発起人で盛岡市在住の魚山(うおやま)宏さん(49)は「困った時はお互いさま。チケットを使い、みんなでこの状況を乗り越えたい」と広がりに期待している。

 取り組みは「コロナに負けるな!みちのくつながるプロジェクト」。店がプロジェクトに参加すると、郵送やデータでチケットを受け取れる。「好きなお店を応援したいけれど外出を控えている」という客が、店のホームページやプロジェクトのサイトでチケットのことを知り、振り込みなどの形で購入すると、いったん店に現金が入る。客が今すぐにサ…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集