メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 外出自粛で苦境の小規模店、前売りチケットで支援 盛岡の魚山さん発案 参加呼びかけ /岩手

プロジェクトへの参加を呼び掛ける魚山宏さん=盛岡市北飯岡で

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で苦しむ岩手、宮城両県の小規模店を、前売りチケットを購入することで支援する取り組みが始まった。発起人で盛岡市在住の魚山(うおやま)宏さん(49)は「困った時はお互いさま。チケットを使い、みんなでこの状況を乗り越えたい」と広がりに期待している。

 取り組みは「コロナに負けるな!みちのくつながるプロジェクト」。店がプロジェクトに参加すると、郵送やデータでチケットを受け取れる。「好きなお店を応援したいけれど外出を控えている」という客が、店のホームページやプロジェクトのサイトでチケットのことを知り、振り込みなどの形で購入すると、いったん店に現金が入る。客が今すぐにサ…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです