メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広域農道が全線開通 県農産物、消費地へ 坂東市借宿-土浦市小野 /茨城

テープカットで開通を祝う坂東市の木村敏文市長(左から2人目)、常総市の神達岳志市長(同3人目)ら=茨城県坂東市半谷で

 坂東市借宿から土浦市小野に至る広域営農団地農道「つくば下総地区」(約27キロ)が13日、全線開通した。県産の農産物を県内外の消費地へ運ぶ基幹ルートとなる。県が1993年度に事業に着手。順次整備を進め、最後に残った坂東市半谷の約400メートルの区間の道路新設が3月に完了した。総事業費は約144億円。

 13日は同市半谷の圏央道と農道とが立体…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです