メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県内で初の死者、男性3人 感染者は計131人に /石川

 県は14日、新型コロナウイルスに感染していた60~70代の男性3人が死亡したと発表した。県内の感染者で死亡が発表されたのは初めて。また新たに20~70代の男女10人の感染が確認され、県内の感染者数は計131人となった。【井手千夏】

 県によると、亡くなったのは、白山市の70代男性▽金沢市の60代男性▽金沢市の70代男性。金沢市の70代男性は3月28日に38度台の発熱や倦怠(けんたい)感があり、4月6日に医療機関を受診。10日にPCR(遺伝子)検査を受け陰性だったが、肺炎と診断され入院した。13日に再び検査を受け、陽性と判明。翌14日に死亡した。

 県は「遺族の了承を得られていない」などとして、金沢市の70代男性の行動歴や職業、ほかの2人の死亡日や感染が確認されるまでの経緯などを公表していない。3人の中には基礎疾患がある人もいたという。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです