メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

結婚後も「自分の世界を」 趣味からプロへ転身 作家・蓮見恭子さん /大阪

堺市在住の作家、蓮見恭子さん=堺市堺区の自宅で、高田房二郎撮影

蓮見恭子さん(54)=堺市

 堺市在住の小説家、蓮見恭子さん(54)が12作目となる作品「たこ焼きの岸本」(ハルキ文庫)を出した。大阪市の住吉大社近くの商店街を舞台に、たこ焼き屋を営む女性を主人公にした温かく笑える下町人情物語だ。「暮らしていると悩んだり怒ったりいろいろあるけど、そこは大阪らしく笑ってしまおうと。コミカルに描いた人間ドラマです」とPRする。

 蓮見さんは、2010年に「横溝正史ミステリ大賞」優秀賞受賞を機に、主婦から作家に転身した。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです