メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 買い物代行で感染リスク減 和歌山のタクシー会社 /和歌山

同行サービスでは車椅子のまま乗車できるタクシーが利用できる=和歌山市松島の相互タクシーで、後藤奈緒撮影

 新型コロナウイルスへの感染を心配して外出を控える人のために、和歌山市松島のタクシー会社「相互タクシー」が、買い物代行サービスを始めた。感染すると重症化するリスクがある高齢者を想定したサービスで、介護の基礎的な知識や技術を学んだ、介護職員初任者研修修了資格を持つ運転手らが対応するという。

 サービスでは、客は、自宅にタクシーを呼び、タクシー運転手に買い物やテークアウトなどの注文を伝える。買ってきてもらった商品を受け取り、料金を払う仕組みだ。

 同社によると感染が拡大する中、高齢の利用客から「感染のリスクがあるから外出が怖い」「外出を極力減らしているが、食料がなくなったら行かなくてはならない」などの声があり、代行サービスを考えたという。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです