メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/35 シュレーゲルアオガエル 自宅玄関で初対面 /鳥取

「黄星シュレーゲル」と呼んでいるシュレーゲルアオガエル=桐原真希さん撮影

 2018年4月24日、この日は家族と買い物に出かけて帰宅が夜の9時前になりました。「あー、くたびれたぁ」と、ぼやきながら玄関の鍵を開けようとしたところ、目の高さに何やら緑色の丸っこい物体が。

 ちょうど小雨も降り、自宅そばの田んぼからはカエルの鳴き声が聞こえ始めていた。カエルが多い近隣のこと、玄関で「無事カエル」が出迎えてくれることも珍しくありません。てっきりいつものカエルだと思い、「あら、アマガエルさんがお帰りなさいってよ」と冗談を交えながら子供たちにも声をかけました。

 しかし、この時すぐに違和感を覚えたのです。カエルの背中に見慣れないレモン色の斑点が付いています。ニホンアマガエルは体色をよく変えるのですが、こんな模様は見たことがありません。早速写真を撮影しようと、カメラを構えました。よくよく見るとニホンアマガエルではなく、シュレーゲルアオガエルという別の種類であることが判明。それでも、こんな色彩は私も主人も初めての出会い。勝手に「黄星シュレーゲル」と呼ぶことに…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです