メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ コンビニ経営、不安拡大 感染リスク恐れ人手不足 廃棄ロス、消毒費用も重荷

感染防止のため休業に踏み切ったセブン-イレブンの店舗で張り出しを確認する通行人=川崎市で14日

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、コンビニエンスストアのフランチャイズチェーン(FC)店舗に経営への不安が広がっている。従業員に感染者が出て休業に追い込まれる店も出ているが、商品の廃棄や消毒などに多額の費用がかかり、本部の支援もままならない。従業員を確保できず、営業継続が困難になる店舗も増えている。政府要請を受けて営業を続ける中、店側の負担感は増している。

 従業員の感染により、セブン―イレブン・ジャパン17店、ファミリーマート3店、ローソン2店がこれまでに休業した。コンビニは狭い空間に大勢の人が出入りするため、感染リスクを懸念してアルバイトなど従業員が集まりにくくなっている。こうした人手不足や、店舗が入居する商業施設やビルの閉鎖なども含めると、13日時点で休業している店舗はセブン約150店、ファミリーマート194店、ローソン162店に上る。

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです