メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

あるべき流れ さいたま市緑区・長谷川美智子(講師・75歳)

 2月17日、大腸がんの摘出手術を受けた。術後は体調良好だったので、4月から大好きな仕事に復帰するつもりだった。

 ところが、退院すると世間では新型コロナウイルスが猛威を振るっており、次女は猛反対。「仕事は全部やめて、抗がん剤治療に専念すべきだ」と言うのだ。

 自分から仕事を再開すると言ったのに「コロナが怖いからやめます」とは言いたくなかった。月に数回の仕事だが、カルチャースクールで教えるのは人生の張り、そして…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです